「スタミュ」ミュージカルソングシリーズ☆SHOW TIME☆3☆天花寺翔&月皇海斗

アニメ「スタミュ」ミュージカルソングシリーズ☆SHOW TIME☆3☆天花寺翔&月皇海斗のレビューです。

f:id:bokutatinonamaeha:20170510105048j:plain

 

収録曲

01.天下の花
作詞:六ツ見純代・作曲:加藤貴大・編曲:増田武史
歌:天花寺 翔(CV.細谷佳正
02.Limited sky
作詞:40mP・作曲:40mP・編曲:40mP
歌:月皇海斗(CV.ランズベリー・アーサー
03.天下の花<INST>
04.Limited sky<INST>

 

この中森明菜DESIRE -情熱-」的な衣装たまらんのう。。。

 

 

 

 「天下の花」

天下の花

天下の花

これいきなり「永久に翔る花道~♪」って始まったからビビったなぁ…。あの頃はまだ急に歌うスタイルに慣れてなかったから…。

 

「幾千の夢幻のあとさき 無常に灯った星影
憂き世に死ぬほど生きてやるんだ 心深紅に 染め行く天下の花よ
 
コッテコテの“和”全開の歌詞。良いですね。
この頃はまだ野暮助そこまで好きじゃなかったけど、曲聴いて「あれ…?めちゃカッコええやん…」と、ちょっと印象良くなりました。
「野暮な奴は消え失せろ」なんて、天花寺にしか絶対歌えない。
 
 
そしてその後の「Angel Lost」!!

あんな堂々と「俺様は梨園の貴公子、天花寺翔様だ!!(ドヤァ」だったのに、このギャップ!!

タヴィアンが行方不明になったときの、あの落ち込み具合&あの状況であの場所でラブソング歌っちゃうっていう…。あんなん笑っちゃうよ…。ん?もしかして野暮助くんってケモナーなのかな?って疑ったよ…。

だってネコ相手に「お前は かわいい天使 I miss you」って完全にヤバいやつやん。(だがそこがいい)

 

 

 

 

「Limited sky」

Limited sky

Limited sky

 チーム鳳メンバーソロ曲の中では曲の入り方が一番自然だった。自然すぎて逆に「おぉっ!?」ってなったもん。そしてチーム鳳のソロ曲の中で一番好きな曲。

なんか…感情移入しすぎて涙出てくるよ…。月皇くんの気持ち、めっちゃ分かる…。

特に2番の「込み上げる焦燥感 逃げることさえも許されない 縛られた劣等感 比べられる度に傷ついてた」はかなり刺さった。月皇くんの複雑な思いそのまんま出てる。だからスタミュミュでは1番じゃなく2番を歌ったのかな。

 

優秀な兄弟や姉妹がいたら、誰だって抱く感情なんじゃないかなーって思う。

この曲聴いてると、なんか…こう…なんていうか、月皇くんを抱きしめたくなる…

いやマジでお前何言ってんだよって思われるかもしれないけど、彼も誰かと比べられて劣等感で押し潰されそうな毎日を過ごしてきたんだなぁ…って思うと、いろいろと思うところあって しんどい。

1番のサビは 「どんなに歩いても辿り着けない場所があって 思い描いた自分の姿 否定して」だったけど、

ラスサビは「どこまで歩けば辿り着けるかわからなくて 「それでもいいさ」と自分の弱さ 肯定して」ってちょい変えてるところすごく良い…。40mPさん良い仕事してくれてありがとう …。
 
月皇くんはキャラもPVも、チーム鳳の中で一番好き。このPV何十回見たことか…。
祈るポーズ→倒れ込む(水バシャァッ)→手を挙げる(神アングル)の流れとかマジ最高。
 
それに優等生なのに、ピアスつけてやがるんですよこの子!!

左耳のピアスってどういう意味があるのかなーってググったら、勇気と誇りの象徴らしい。

なるほど~~~ そういう意味も込めてあのピアスつけてんのかな。こういうちょっとしたポイントでも萌えれるから、スタミュは良いんだよなぁ。

 

 

天花寺も月皇もあっという間に攻略しちゃった星谷くん、2期の新キャラもすごいスピードで攻略していくんだろうなぁ…って思ってたけど、全然攻略できてねぇじゃん!!

羽手強い…。あれを落とすのはさすがのミラクル星谷でも無理なのか…。

 

 

(´∀`)ノシ