「斉木楠雄のΨ難」OP「青春は残酷じゃない」が爽やかすぎる件について。

TVアニメ絶賛放送中の「斉木楠雄のΨ難」。この漫画、読み切りの時からずーっと大好きで、原作者の麻生周一先生にファンレター書いて送ったくらい大好きなのに、周りの友達でこれ読んでる人全然いなくてツラい…。

実写化も決定したのに…!!なんでや…!!

 

f:id:bokutatinonamaeha:20161027084633j:plain

 

「青春は残酷じゃない」花江夏樹

斉木の深夜版OP主題歌。

花江夏樹さんといえば、「東京喰種」「四月は君の嘘」「スタミュ」など、数々のアニメで主役を演じてきた人気声優さんで、「おはスタ」でMCも務めてます。

花江さん、これがアーティストデビューってわけじゃないらしいですな。

初めて個人名義で主題歌歌うって聞いたから、最初は「ついにこの人もソロデビューしちゃったか…」って思ったんですけど、本人は「アーティストデビューじゃない」って言ってたから…。

でも実質アーティストデビューじゃね?一体何がどう違うんや?

 

この曲聴いた一発目の感想。

爽やかすぎやろ…

斉木はギャグ漫画なのに、こんなキシリトールガム並みの爽やかすぎる曲がOPなのか…?めっちゃ良い曲やけども…。どっちかっつーと、OPというより EDっぽいな。

 

でもこの曲は、主人公斉木のことを歌ったもので、超能力者である斉木の心情がよく出ている歌詞だと思います。

そういう意味では、このアニメに合ってるのかな。瑞々しく甘い花江さんの歌声が、この爽やかソングに見事にマッチしてます。

 

1番のサビ「傷つきたくはないけれど 君をもっと知りたい」も好きだけども、2番のサビ「浅瀬の水をすくって 光にかざして 本当の気持ちいつも 透明だった」が、本当に泣きそうになるくらい好き。

TVで流れるのは、大体1番だけじゃないですか。2番が聴けるのは、CDを聴いた人だけだから、2番の歌詞が素晴らしすぎると得した気分になる。(笑)

 

「お互い同じときに~」からの「本当のこと全部 君に伝えられた だから青春は残酷じゃない」っていう流れが好きすぎて、聴くたびに涙腺がめちゃくちゃ刺激される…。

 

「さよならが苦手なのは、傷つける以外の方法が分からない」みたいなこと言ってたのに、最後は「本当のこと全部言えた」だから、うん…よかったね…!頑張ったね!(涙)って言ってあげたくなる。

 

 

 

 (´∀`)ノシ