「91Days」OP&ED感想、最終回考察

91Days」のOP&EDの感想。

 やはり良いアニメは主題歌も良い!ってことで…。

 

「Signal」TK from 凛として時雨

復讐のために、ただそれだけのために生きてるみたいな奴が主人公なので、OPも暗いです。全然OPっぽくない。盛り上がる曲で「これからアニメが始まるぜ!」みたいな曲じゃない。凛として時雨は、東京喰種のOPくらいしか知らなかったけど、この腹から声出てない感が良い。←

f:id:bokutatinonamaeha:20161025085654j:plain

 

「血だらけになったあの日の意味は 無くなるはずもないよね?」

「痛みさえ消し去ってしまう絆のSpiral」

ずっと雨降ってるみたいな感じの曲。暗い。でも、この作品にめっちゃくちゃピッタリで大好きです。

最終回見てから気づいたけど、「憎しみが消えてしまったら 君を殺せないから」 っていうところは、もしかしたらアヴィリオ→ネロのことを言ってるのかも。

 

 

毎回、すごい人が死んでいきますよね。マフィアが関わってるんだから、そりゃそうなんだけど…。好きなキャラが死んだりして、ショック受けているときに、あっという間に終わりの時間が来てしまって、静かで落ち着いたELISAさんの歌声で「ラララ―♪」EDが流れる。 

「Rain or Shine」ELISA

f:id:bokutatinonamaeha:20161025085732j:plain

まるで死者の鎮魂歌のようだと感じた。アニメEDでは、「ラララー♪」しか歌ってないけど、フルで聴くと、ラララ以外もちゃんとあります。(笑)

「さらば、我が友よ」って言ってるから、やっぱりこれもアヴィリオ→ネロのことを歌ってるのかな?と思いきや、もしかしたらネロ→アヴィリオかも…。

この曲、エヴァのEDでもある「Fly me to the Moon」と、なんか似てるよね。

 

 

で、最終回の考察なんですけど、ネロは結局アヴィリオを撃ったか撃っていないか。

私は撃って殺したと思う。だってあのまま生かしておいても、アヴィリオはいつか自殺しそうだし。

 

焚火でのシーンで、

ネロ「なんで俺を殺さなかった…お前を…信じてたんだぞ!!」

アヴィリオ「だったら俺をあの時殺してればよかっただろ!!!」

この時のアヴィリオの涙は、生きるのは辛いから、早く俺を解放してくれっていう意味もあったんじゃないかなぁ…。

 

コルテオを殺して、「すぐに会えるさ」と言ったアヴィリオの表情を思い出すと、ネロに「俺がお前を殺さなかったのは…お前を殺したくなかったからだ」って言ったのは、ネロに「早く俺を殺してくれ」っていう意味だったのかなぁ、と。

 

アヴィリオの死体は、そのまま波に流されて海へ。ネロも、その後すぐに追手に殺されてEND。

 

でも、なーんかしっくり来ない。ネロの「生きてることに理由なんてもんはいらねぇ」「ただ、生きるだけだ」という台詞。最後のネロの清々しい笑顔。隣のパイナップルの缶。

えっ?アヴィリオ生きてるのかな…?って思ってしまう。

だってアヴィリオ殺した後にあんな良いスマイルできるか?やっぱり後部座席にアヴィリオがいて、眠っていて、ネロは「後で一緒にパイナポー食おうぜww」的な意味の笑顔かもしれんやん?

それに、浜辺の足跡は残っていたけど、アヴィリオが倒れた跡とかは全然残っていなかった。綺麗に足跡だけ残るって、やっぱりおかしくね?

 

ああーー 分からない。

 

 

そのまま、アヴィリオとネロで、2人ともまた全然違う土地で新たな人生を一緒に歩み始めるENDでも良いよなぁって考えてたんですけど、やっぱり無理ですよね…。特にアヴィリオなんか、生きる目的とか もはや全く無いし。

 

あぁ、未だに余韻が…

最後、結局どうなったんだろうってずっと考えてしまう。

本当に良い作品に出会えました。

 

個人的に、アヴィリオ役の近藤隆さんがめっちゃ良かった。アヴィリオが近藤さんで本当に良かった…。アヴィリオ大好き…イケメソでクールで淡々としているのに、実は甘党とかいうギャップ。コイツ、もっと普通の人生だったら絶対モテてただろうなぁ。

 

bokutatinonamaeha.hatenablog.com

 

 

(´∀`)ノシ